運用の仕事が好き。
だからこそクライアントの為になる仕事を、ちゃんとやりたい。



クライアントとワンチームで働きたいと考える人材を募集しています。

運用型広告を軸としたパートナービジネス領域において、完全な定額制手数料モデルを実現するワンチーム。

クライアントの広告予算に一切の影響を受けない為、自らの運用力によって介在価値を生み出す仕事です。

広告費の増額提案ではなく、クライアントの事業成長に向けた運用改善による最適化を提供する。

本来的なビジネスモデルで働くことで、自らが納得できるパートナーキャリアを目指す人材を募集します。

株式会社ワンチームの特徴

デジタルマーケティング業界において独自性の高いビジネスモデルを展開する。

クライアントドリブンのビジネスモデル

▪広告費に連動しない業務難易度に応じた定額制モデル

▪透明性とナレッジシェアを目的としたアカウント共有 

▪チーム制による案件に対する役割の最適化

▪運用者の評価軸は案件継続実績と運用力の客観的評価

求める人物像

株式会社ワンチームでは営業職のみの採用を募集しておりません。
それは運用を理解せずに営業を行っても、契約後のクライアントの為にならないからだと考えています。
だからこそ、クライアントに目を向けて仕事ができる運用者を求めています。

心地よいレスポンス

当社のユニークなビジネスモデルを実現できているのは、なによりもパートナーであるクライアントの企業様からの深い事業理解をいただけているからだと考えています。そのクライアントとのやり取りにおいて、レスポンスの速さや質は重要な要素となります。クライアントワークを義務で務めるのではなく、目的や意義をもって行動できる方を求めています。

運用型広告への信頼

昨今、インターネット広告市場は破竹の勢いで成長を遂げていますが、いざ広告を出せばクライアント事業に利益が上がるかというと当然そうとは限りません。だからこそ、運用というソリューションを通じて継続的な改善をし続けることこそが本質であり、運用型広告はそれを根拠もって実行できる重要なファクターであると考えています。

根拠のある自信

残念ながら、我々には出会って数週間で人を評価し、その人の活躍を的確に予想することなど、到底できません。だからこそ我々は、自分で自分を評価し続けられる人材を求めています。常に自分との戦いに勝ち続けられる方。そういった方でないと、この本質的なビジネスモデルで活躍し続けることは難しいと考えています。

ワンチームの考えるマーケティングとは

ー 永続的に利益を出す仕組みを作り続けること ー

近年、デジタルマーケティングと呼ばれる領域は驚異的なスピードで市場拡大をしており、一言でマーケティングと言われる仕事も数年前とは比べ物にならない程、多くの選択肢を持つものとなりました。

具体的にはWebマーケティングと呼ばれる”Webサイトを軸としたマーケティング手法”が主流となっていた時代から、より多くのタッチポイントの中でデジタルデータを活用しつつ、更に精度高くデータドリブンなマーケティング支援を実施する能力が求められるようになっています。

当社に限らずマーケターと呼ばれる職種の業務範囲は以前にも増して多岐に渡り、デジタルデバイスの増加をはじめ、SEMだけに留まらない各種媒体やデジタルツールの活用も当たり前のものとなっており、その市場価値は客観的に評価できるものではなくなりました。
つまり、何かのツールが使えればマーケターとしての仕事で通用できる時代ではなくなりつつあるのだと思います。

そういった中、当社には一過性の流行りに乗ることや刹那的な成果を出す為だけの手法ではなく、運用型広告を軸として一次情報優位のデータ獲得とそのデータを根拠して本質的課題の抽出を行うクリティカルシンキングを活かした「運用」にこだわるマーケターが多数在籍しています。
そして彼らは、その先にあるクライアント事業の永続的な利益を生み出す仕組みを、クライアントと伴走してつくり出すことを仕事にしています。

デジタルマーケティング市場の拡大によって選択肢が増えた今だからこそ、本質的な仕事をし続けることでマーケターとしての強いキャリア形成を目指して頂き、会社組織にとらわれない本物の運用者、本物のマーケターが集まり、事業を通じてクライアントも巻き込んだワンチームを組成していきたいと思います。

募集職種

インターネット広告の中でも中心的な役割を担う運用型広告の管理・運用を行う方となります。従来より求められてきた入稿やレポーティングなどのオペレーションだけに留まらず、クライアント毎の事業特性を把握し、分析や最適化の推進、業務設計などの多岐に渡る業務を専門性を持って実行します。

市場調査、競合分析、ターゲット分析、プロモーション企画、広告運用、制作ディレクション、SEO施策、ネゴシエーション、プロジェクトマネジメント、代理店管理等々、クライアントの事業成長に寄与する為に多岐に渡る業務を実行します。当社の場合、広告運用者と同等以上のスキルが必要となります。

当社のマーケティングプランナーとは、いわゆるシニアコンサルタントとなります。クライアントの事業課題をヒアリングし、自身の持つナレッジを活かしながら改善策をプランニングする仕事となります。その為、デジタルマーケティングだけでなく経営リテラシーが求められる職種となります。

よくあるご質問

Q. 業務上、よく扱う媒体は何になりますか?

A. 前提として特定の手法に拘っている訳ではない為、様々な媒体やツールをナレッジを活かしながら利用します。ただ、その中でも敢えて有用だと考えているものをあげると、やはりGoogle、Yahoo!のリスティング広告となります。

Q. 運用されている案件において業種の偏りなどはありますか?

A. 偏りはありません。業種業態、事業規模、BtoB、BtoC、などの観点で見ても幅広いクライアント企業様への運用支援をさせて頂いております。当然、それに伴って多岐に渡るビジネスの知見を持って頂く必要があります。

Q. 必要な資格などはありますか?

A. 運用型広告に関連する資格は最低限、取得した状態でのご入社をお願いしています。資格を持っていること自体が重要だとは考えていませんが、多くの企業様のコンサルティングを実行させて頂く上では一定のビジネススキルが必須と考えています。

Q. 運用できる案件数は一人当たり何件くらいになりますか?

A. 個人差がありますが、おおよそ20件前後が基準値となります。当社の場合、定額制手数料モデルを行っていることもあり、件数と業務工数の大小は比例しない側面がございます。

Q. 社員の方々はどんな雰囲気で働いていますか?

A. やはり、スタートアップ企業であり、運用のプロフェッショナルを目指す集団なので「仕事をする」ことに妥協や甘えはありません。一方で、それぞれの仕事ぶりにはリスペクトがあり、運用のおもしろさやクライアントの魅力を語りだすと止まらなくなるような雰囲気があります。

Q. 応募から内定まで、どの程度の期間がかかりますか?

A. 個別事情にあわせて選考期間を変えています。書類選考通過後であれば、現職のある方には夜間や土日での面接選考を行うこともご対応可能です。選考の中では短期的な勤務体験選考なども実施し、仕事のパフォーマンスはもちろんのこと、カルチャーマッチの観点からもお互いの摺合せをさせていただきます。

エントリーフォーム

アップロードしています。少々お待ちください。